2017年11月16日

iPhone5sを自力でバッテリー交換したら「バッテリー長持ち大成功!」の傍に起きた出来事

去年の今頃、iOS10になった頃でしょうか、バッテリーの持ちが悪くなってきたのは。
最近リリースされたiOS11になるとそれが顕著になり、バッテリー残量10%台なのに電池切れ判定で電源が切れたり、ここ数週間は1日2回充電しないと夕方まで保たないなんて状態でした。
考えてみればこのiPhone5sを購入したのは2013年9月ですから、丸4年経ってますもんね。
そうこうしている間に新しいiPhoneがもう何台出てるんでしょうか。

とはいえ、このiPhone5sに最近のバッテリー具合以外では特に不満もなく、別に新しいの要らないと思ってたりしたので、しいて言えばiPhoneSEなら使ってもいいか、くらいの感覚でした。
最新のiPhone8系やiPhoneXは高くて買えないし、型落ちのはずのiPhone7も全然値下げしないし、iPhone6sはちょっと安くはなるけど大きくなるの嫌だしなあとか、そんな感じです。

そんな事をちょっと考えていた11月11日、Yahoo!系やTポイント系のサービスで大々的に「いい買物の日」とか言ってポイントn倍セールとか、その日限定の特価とかやってたんですよね。
先日のジャパンネット銀行のやつもそれですね。

で、完全にウインドウショッピング感覚で、「あーこれいいなー、でも高いから拝むだけにしよー」とか言いながら仕事中にボーっと見てたら、見つけてしまいました。

iPhone バッテリー 交換 for iPhone 5 DIGIFORCE[デジフォースYAHOO店]

とりあえず買物かごに投入しておいて、例のジャパンネット銀行に残高も入ってなかったのでちょっと考えることにした後、身体が勝手にローソンATMに向かい、紙幣を預け入れしてしまったりなんかして、気づいたら注文ボタンを押してました。

11月11日が土曜日だったこともあり、店休日と重なって、発送は11月13日、ネコポスでしたが翌日11月14日には届きました。
20171116_01.jpg

開けるとこんな箱。
20171116_02.jpg

裏面にはバッテリーの仕様が書いてあります。たぶん純正のやつと一緒。
20171116_03.jpg

箱を開けるとバッテリー以外にこんな工具たち。
20171116_04.jpg

というわけで、早速開腹してみましょう。
(とは言ってもPCで動画を見ながら作業が出来ない劣悪な環境なので、なんとなく見た記憶を頼りにやったのが問題を生むんですけどね。そしてバックアップくらい取れよというのは置いておきますね。)
ちなみに事前にへーと言いながら見た記事はこれ
参考リンク1:iPhone 5S のバッテリー交換をやってみた[石井さんの今日要]
参考リンク2:iPhone 5s のバッテリーの交換[iFixit]

しかし、4年も使ってるのにキズ一つないこのiPhone5s。あのケースやっぱり凄いわ。
20171116_05.jpg

はい、まずlightning端子の両脇にある星形のビスを2ヶ所外しますね。
20171116_06.jpg

もうこの時点で付属のドライバーが置く度にゴロゴロ転がって若干のイラッとポイント(笑)

(※いきなりSIMカードスロットを抜くという工程を忘れてるけど、別に外さなくても大丈夫な雰囲気。)

そして画面に把手の付いた吸盤をペタッと付けて引っぱります。
20171116_07.jpg

...が、まったく開きません。何か呪文でも唱えないとダメな感じ。
若干浮くんだけど、吸盤が負けるか、引っぱられて湾曲するディスプレイを見て自分の根性が負けるかで開きません(笑)
なんか開けすぎるとTouchIDのケーブルが切れるとか書いてあるのを読んだ記憶があるので、無理には引っ張れないし(まぁ結構無理に引っ張っても開かないんだけどさ)
こんなことならiSclackも別で買えば良かったと思ったりなんかして。



この作業だけで10分くらい格闘し、どうにか隙間が見えた瞬間にヘラを突っ込んで何とか開きました。
20171116_08.jpg
気温的には真冬なのに汗ばむなどorz

横からみるとこんな感じ。このピロ〜っと伸び出るのがTouchIDのケーブルらしいです。
20171116_09.jpg
たしかにこんな細いの切れるわなぁ。

そんなわけでバッテリーの取り外しには邪魔なこのケーブルを外していきます。
20171116_10.jpg
この小さなシルバーのカバーをヘラで持ち上げると軽すぎて飛んでいくので気をつけましょう。

カバーを外してケーブルの端子を上に持ち上げると、ディスプレイがグイッと上に上がります。
20171116_11.jpg

で、右上のカバーのビス4ヶ所を外します。
20171116_12.jpg

取れた。
20171116_13.jpg
本来はここでカバーの真下にあるディスプレイと本体を繋ぐ3ヶ所端子を外すらしいんですが、この段階でバッテリーを外すのにはそんなに邪魔じゃないので、外さないことにしました。

今度はバッテリーと本体を繋ぐ端子のカバーのビスを2ヶ所外してカバーを取り除きます。
20171116_14.jpg

あとはバッテリーを外すだけなんですが、これもまた取れません。
アホなくらい強力な両面テープで固定されています。
プラスチックのヘラでは折れてしまいそうなので、付属のピンセットをグイグイ隙間に押し込みテコの原理でグイグイいったら、バッテリーがベコベコに変形しながらもなんとか外れました。
20171116_15.jpg

あとは元々ある両面テープもキレイに剥がして
20171116_16.jpg

付属の両面テープを貼り直します。
20171116_17.jpg
しかし、どこを目印にしていいのか分からないので割とテキトーに貼りました(笑)
まぁ中で見えないしさ。

そしてバッテリーの端子を差し込んだ上で右寄せ気味でバッテリーを両面テープにペタッと。
20171116_18.jpg

あとは逆の手順で端子のカバーの付けて
20171116_19.jpg

ディスプレイの端子カバーも付けて
20171116_20.jpg

TouchIDのケーブルを付けてカバーを載せる。
カバーをセットする作業が狭くて全く出来ず写真を撮る余裕すらなかったけどなんとか出来た。
10分くらい掛かった。本当にこういう作業向いてないと思う。

とりあえず、最後のビスを締めるとなんかあったら面倒なので締めずに電源を入れてみます。

ポチッとな。
20171116_21.jpg

おぉ。
20171116_22.jpg

ロック解除っと...
20171116_23.jpg

ん?
20171116_24.jpg
「このiPhoneでTouch IDをアクティベートできません。」

いやいやいやいや、何をおっしゃいますか。

一旦電源を切りますよ。

そしてまたあのケーブルを付け直して、カバーをイライラしながら何とか取り付けて。

再起動。

同じだ。

これは、[設定]→[Touch IDとセキュリティ]でONにすれば行けるとかそういうことじゃない?
20171116_25.jpg

ほ〜。

この悲しい動きをYouTubeに上げたので見てみてね。


うーんと、Touch IDが使えないということは、CPU性能が上がっただけのiPhone5、もしくはオシャレなデザインのiPhone5cと一緒ですよね。
まぁ、iPhone7とかみたいにApplePayとか使う訳じゃないし、まぁいいか(笑)


で、その翌日気付いた事があるんですけどね。

普段は純正ではないシャッター音の小さいカメラアプリを使ってるので、気付かなかったんですけどね。

純正のカメラアプリを起動したら、あれ?おやおや?

何回シャッター切っても、シャッター音が鳴らない。

日本モデルなんだけどなぁ。

いや、まさか、そんな事は。

ミュージックアプリ起動。再生ポチー。

・・・・・・。

内蔵スピーカー死亡。

これには思い当たる節がありましてね。

ディスプレイの端子カバーを外す途中で、「どっかの端のカバーを外す」という覚え方をしていたので、
何を思ったか右下のカバーっぽいものを外したんですよね。
20171116_26.jpg

今見ると、これ完全にスピーカーのところなんですよね。
で、割と細いケーブルがピーンと張ってて「あ、ここじゃねえや」って戻したんですよね。
このピーンとしてたところでブチッと逝っちゃったのかな。

結果的に、「日本モデルだけどシャッター音が鳴らない」、
というか「何もならない内蔵スピーカー」が完成しました。

ここはもしかしたら、やり直せば大丈夫なのかもしれないけど、もう開けるのいやなのでこのままにしておきます。
普段はBluetoothのヘッドセット使ってるので、内蔵スピーカーに用も無いのでね。
内蔵マイクは生きていたので動画の撮影とかPodcastの録音とかは問題ないし。


というわけで、ちゃんと説明を見ながらやらないと
とても痛い目に遭うということが分かったので、普通の人は丁寧な説明を見ながらやりましょう。

そうしないと、iPhone5sなのに
「Touch IDが使えなくてiPhone5のようなiPhone5cのような、音の出ないiPhone」
が完成します。

いずれにしても電池持ちは新品同様に復活しまして、サブ機としてはそんなに悪いモノじゃないのでしばらくは買い替えはないかなぁとみています。
自己責任ですからね、自己責任。壊れても良いならやってみてもいいんじゃないでしょうか。
そして自分みたいな不器用な人はやらないほうがいいと思います(笑)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アップル iPhone SE SIMフリー 版 64GB 正規 整備済品 ローズゴールド
価格:43800円(税込、送料別) (2017/11/16時点)


Posted at 2017.11.16 18:07
Comment: 0
Category: iPhone / iPod touch

2017年11月04日

キャンペーンに釣られてジャパンネット銀行口座を開設してしまったらちょっと未来を感じた話。

はじめに申し上げておくと、ステマでもなくただの実体験です。
記事中のリンクを踏むとアフィリエイトとかそういう訳ではないのでご安心を(最後のだけそれです)。

11月11日の「いい買物の日」を前に、Yahoo!JAPANまわりのサービスで色んなキャンペーンを今やってるんですよね。
何だか年々Tポイント使えるサービス増えてて凄いなあと遠くから眺めています。
(正直あまりTポイント使わないんだよね、貰えれば使うけど。)

その中で見つけたのが「ジャパンネット銀行口座を開設で現金1111円もらえる!」です。
20171104_01.jpg

この手の「現金○○円プレゼント」系は大抵怪しい事が多いので釣られないんですけど、説明を読む限りではそんなに問題はないのかなぁと踏みました。

ちなみに条件(対象者)は
2017年11月13日(月)までに、本キャンペーンページの「お申し込みはこちら」ボタンよりジャパンネット銀行の普通預金口座開設を申し込み、2017年12月5日(火)までに口座の初期設定をされた方。
※2017年12月5日(火)までに初期設定(ジャパンネット銀行のサイト)を完了されていることが条件です。お早めにお手続きください。
※新規で普通預金口座を開設した方が対象ですので、既に口座をお持ちの方は対象外です。
※普通預金口座はお一人様一口座のみ開設が可能です。
※法人、営業性個人の口座は対象外です。


ただ、気がつけばネット系銀行をムダに持っているんですよ。
ソニー銀行、住信SBI銀行、大和ネクスト銀行とかね。
ソニー銀行はまぁ今も使ってるけど、以前からライフスタイルが変わりすぎて住信SBI銀行や大和ネクスト銀行はほとんど使ってません(笑)
だいぶ前ですが楽天銀行(旧・イーバンク銀行)は辞めてスッキリはしてますけどね(笑)

ただ、1111円ですよ、現金ですよ。
きっと楽天銀行とかだとクレジットカードを作らされるor年会費が掛かるキャッシュカードを作らされるパターンですが(完全なる偏見ですがあながち間違ってないと思います。)、
このジャパンネット銀行のキャンペーンでは特に年会費も掛からないデビットカード機能付のキャッシュカードでOKのようなので安心して進めることにしました。

というか、何で自分今までジャパンネット銀行の口座を持っていなかったんでしょうか。ヤフオクとかはサービス始まった頃から使ってるのにね(苦笑)


そんなわけでさっきのページの「お申し込みはこちら」のボタンをポチッと押して、Yahoo!JAPANにログインしまして。
20171104_02.jpg

20171104_03.jpg
キャッシュカードはファミマTカード付のものも選べたんですけど、Tポイント分散してもなあと思ったのでシンプルな方を選んでおきました。
たしかポイント統合できたけど、回数かなにか条件があったような気がするし。

個人情報的なものはYahoo!JAPANの情報を元に勝手に入力されてました。
ただ10年以上前に登録した住所が出てきて入力しなおしたんですけどね(笑)

20171104_04.jpg
銀行口座を作るためには書類を送らなきゃいけないわけですけど、専用アプリがあるらしいのでそっちを選んでみました。

全部入力し終えて「同意して次へ」と進み、間違いないか確認したら完了。

最後に表示される受付番号をメモしておく。

iPhoneのAppStoreで「書類送信」と検索すると、一番上に出てくるジャパンネット銀行の「書類送信」をダウンロードします。
20171104_05.jpg

20171104_06.jpg

起動したらさっきの画面出ていた受付番号などを入力して送信。

運転免許証か健康保険証か聞かれるので、今回は運転免許証を選びました。
ガイダンスに従って、枠内に収まるようにカメラで撮影するだけなので簡単。
表と裏を撮影して送信すればOK。

翌日には手続き完了しましたとメール、3日後には初期設定してねとメール、さらに2日後にはカード発送しましたとメールが届きました。

で、カードが届きました。
20171104_08.jpg
VISAデビット付いてる。

20171104_09.jpg
トークンもあるんだー、時代だねぇ。何か認証番号表みたいな意味があるのかわからないカードとかじゃないんだね。...って、え?

トークンって大概キーホルダーみたいなやつが多いと思うんだけど、カード型なの?

なにこの超未来的なトークン。

その昔カード型電卓ってあったけど、それよりめっちゃ薄い!普通のカードと変わらないじゃん!
20171104_10.jpg
どう使うの?と思って右下のボタンらしきものを押したら、右上に文字浮かんできた!すごい!無駄にポチポチ押したくなる!


カード型電卓を初めて見た時のワクワク感に似てるよ。
自分はカシオの電話帳とか世界時計が入ってた無駄に高機能なやつ持ってたなぁ、データバンクだっけ? (オッサンの目)

...そんな思い出は置いといて。

問題の1111円ですが、「初期設定」までしないと貰えないんですよね。

初期設定のURLですが、「ジャパンネット銀行より初期設定に関するご案内」というメールに記載されています。

(ちなみに、ちゃんとメールを読まない自分は初期設定の方法など知らず、ジャパンネット銀行の「残高確認」アプリからログインできねーぞ、と詰んだのでちゃんとメールは読みましょう。)

そして、メールを見直しURLを発見。
自分の場合は、普段使ってるiPhoneブラウザ(Marcury)ではなぜかこのURLが開けず、標準のSafariで開いたらすぐ出来ました。
なので普通にSafariを使いましょう。


20171104_12.jpg
キャッシュカードに記載されている店番と口座番号、そして裏面の初期設定番号を入力して「はじめてのログイン」をポチッと押して、ログインパスワード、暗証番号、トークンの登録を行えば、初めて「残高確認」アプリが使えます。

パターン認証に加えて、指紋認証(TouchID)でもログインできる。
20171104_13.jpg

もちろんだけど現時点で残高はゼロ。
20171104_14.jpg

残高確認以外の事は右上のメニューからWelcome Pageに飛べばSafariが起動してSafari上では自動ログインしてくれるので手間はない。
20171104_15.jpg

問題の1111円は12月19日前後に振り込まれるっぽいので、気長に待つとします。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

EL-878S-X シャープ カード電卓 8桁 [EL878SX]【返品種別A】
価格:520円(税込、送料別) (2017/11/4時点)



Posted at 2017.11.04 16:00
Comment: 1
Category: Life

2017年10月15日

「希望の党」のロゴを見るたびに思うこと。

ものすごくどうでも良いんですが、聞いて貰えますか。

小池百合子都知事が代表を努めている「希望の党」。
良くも悪くも話題ですよね、選挙始まった途端に静かになったような気もしますが。

で、今回はその希望の党のロゴなんですけどね。
明朝でウェイトは重め。

これ見ると「党」の字の最後のハネが右斜め上向いてるじゃないですか。

このロゴを見る度にIllustratorで文字をアウトライン化した後に、[選択ツール]と間違えて[ダイレクト選択ツール]でパス選択しちゃった後に位置の微調整でカーソルキーをポチポチ押しちゃったようにしか思えないんですよね(笑)
20171015_01.gif
(何だかスマホ版だとGIFアニメがちゃんと再生されないからPC版でどうぞ)

まぁ、思っただけなんですけど。
きっと本当は「希望」をイメージして斜め上に刺さるようになったのかもしれないですけど、事実は自分にはわかりません。

今回の選挙公約の中の「12個のゼロ」のうち「花粉症ゼロ」になったら本当に嬉しいですけど、
...まぁこれはあくまで「希望」なんだろうな、ということで(笑)

それだけ言いたかっただけです。

ところで、天候不順が続いているせいか、消費税5%を掲げる幸福実現党の選挙カーしかまだ見てないんですけど、大丈夫なんでしょうか、ねえ。
Tag word: 希望の党 ロゴ
Posted at 2017.10.15 16:27
Comment: 0
Category: Life

2017年09月21日

カレーライスを盛り付ける時のご飯とルーの位置関係問題を無理矢理ガジェット系で考える

先日、Mixlrで配信された「ナマヒゲ90分!」内で話題となった
カレーライスの「ライス」と「ルー」の位置関係の問題。
アーカイブは下記より視聴できます。
Nama Hige 90 Minutes! (17 Sep 2017)[Fredio from Japan]
(この話題は45分08秒あたりから)

少ないリスナー数の中でもチャット欄では、
ルーが右派、手前派、左派、奥派と分かれる大波乱を見せたわけです。

自分の場合は、ルーが手前、ライスが奥が最もしっくり来ます。




参考までに以前作ったカレーの写真を上げておきます。
(SnapDishって写真の貼り付けも出来るんだー、へー、と今更知った)

どれが正しいと言うこともないんでしょうけど、
CoCo壱番屋の場合もルーが手前だそうで個人的には納得の結果です。
その他のパッケージ写真なんかでもルーが手前の方が多いし、これが当然だと思うのですが、
クックパッドでの投票ではルーが右、ライスが左だったそうです。
理由としては右利きの人が「食べやすい」からだそうで、そんな理由で良いの?とか思ってしまいましたが、まぁ自由に食べろよって話ですよね。
カレーを盛り付けるときの「ライスの位置」はどこが正しい?[クックパッドニュース]

ところで、このルーの位置関係問題で気になったんですが、
世界的に見てパンorナン文化がほとんどだと思うので、「カレーライス」というメニューがあるのってほぼ日本くらいなんでしょうけど、そんなカレーライスも絵文字になっています。

Appleの絵文字はiOS5(2011年)からの登場で、この頃はどちらかというとルーが右寄りですが、マイナーチェンジを経てiOS9→iOS10のタイミングで、じわじわとルーが手前になったようです。
20170921_01.jpg

Googleの絵文字はAndroid4.3(2012年)からの登場で、モノクロからカラーへのマイナーチェンジはありますがAndroid7.0まではルーが右派でしたが、Android8.0からはApple同様にルーが手前となっています。
20170921_02.jpg

マイクロソフトの絵文字はWindows8.0までは、ルーが手前でしたが、Windows8.1〜Windows10ではルーが奥になりました。そうかと思えばWindows10 Aniversary Updateからはルーが完全に右になり、これは社内で大議論になっているとしか思えない変遷ぶりです。
20170921_03.jpg

その他ほとんど右派か手前派が多いのですが、韓国勢のSamsungとLGはライスの上にルーが乗っています。
20170921_04.jpg
LGに至ってはどんぶりご飯の上にルーが乗っており、これはもう文化が違うんだとしか思えません(笑)

絵文字の画像はCurry and Rice[Emojipedia]よりお借りしました。

そんなわけで、カレーが食べたくなりました。明日は健康診断です。





Posted at 2017.09.21 16:49
Comment: 0
Category: Foods

2017年07月20日

マイクロソフトの絵文字が可愛くなったけど、どうしても1個よくわからない。

7月17日は「国際絵文字デー」だったそうですね。
でもその理由がiCalのアイコンが7月17日だったからって、いやそれアイコンですから!絵文字じゃないですから!
iモード絵文字を推せよって思いますが国際だとやっぱりiPhoneなんでしょうか。
いやちょっと待て、そもそもiPhoneの絵文字のベースはドコモですらなく、ソフトバンクの絵文字をベースに作られてますから!

まぁいいや、それはとりあえず置いておきましょう。

日本のガラケー時代は各キャリアで適当な文字コードで絵文字を割り当てをされていた絵文字ですが、他キャリアに送るといわゆる文字化けを起こし色んな問題になりました。
その後、各キャリアの努力で他キャリア間で文字コードをそれっぽい絵文字や文字に変換する機能が実装されました(もちろん完全ではありませんでしたが)。

iPhone登場以降は、そんなカオス状態になってた文字コードと文字化け問題を解決するため、世界共通のUnicodeに文字コードが定められて、それに基づき各メーカーで様々な絵文字が作られています。

これにより、iPhoneでもAndroidでもその他各種アプリやWeb上でも極端な文字化けせずにほぼ似たような絵文字を閲覧できるように改善されたわけですね。

iPhoneの絵文字は割とリアルな半立体、Androidの絵文字はフラット風、のように各メーカーで特徴的な絵文字が作られています。

例としてアップルとマイクロソフトの絵文字(いずれも最新もの)。
20170720_01.jpg

で、マイクロソフトの先日(と言っても結構前だけど)のアップデート「Windows 10 Anniversary Update」でも絵文字が変更され、ちょっとカッコイイようなカワイイような言うなればレゴ風というか、カラー多めなピクトグラム的な感じになりました。

その前まではマイクロソフトの絵文字って結構ダサかったんですよね。
これはAnyversary Updateの前のWindows10のもの。
20170720_03.jpg

最新バージョンでは全体的に太めの黒い線で輪郭が囲まれている。
20170720_02.jpg


で、問題なのは「bride_with_veil」と名付け(?)されているベールを付けた新婦の絵文字です。

アップルはキレイなお姉さん、Googleは超シンプル。
20170720_04.jpg

そういえばiPhoneの最初の絵文字の顔ってみんな生きてるのか死んでるのか分からなかったよね(笑)
20170720_05.jpg

で、問題のマイクロソフトの絵文字はこちら。
20170720_06.jpg

先ほど説明したとおり、全体を黒い線で囲んでいるので、顔の両側面の白い物が一体何なのか分からない。
一歩間違えばカチューシャ(?)が死人のハチマキに棺桶の窓的にも見えなくもなくてちょっと怖い。
顔の輪郭だけ黒い線で囲んで、ベールは囲まなければ(もしくは細い線で囲めば)良かったんじゃないかと思うんだけど。

なお、これまでのバージョンはこんな感じ。
20170720_07.jpg
どれも微妙だけど、やっぱ最新のは何か違う(伝わらない)よな。

いずれの画像もEmojipediaからお借りしました。



Posted at 2017.07.20 15:46
Comment: 0
TrackBack: 0
Category: Mobile

2017年07月06日

「減らないプロ野球選手の愛煙家」という記事をたまたま読んだ感想、というか。

久々の更新ですね。Podcastの方をちゃんと更新するようにしたら、こっちの更新が止まり気味です。
同時に2つのことができないのでお許し下さい(笑)

ところで、下記リンクの記事をたまたま読みました。
減らないプロ野球選手の愛煙家 [WEDGE Infinity(ウェッジ)]

確かに、ちょっと昔の野球関連の映像を思い出すと「選手がタバコ吸ってる映像って多かったよなぁ」って思います。
ソースを出せとか言われても手持ちでは無いんですけどね、昔テレビで見た映像ですから。
バラエティの野球選手が何か挑戦する的な番組だったと思いますけど、まだ巨人に清原・松井がいた頃の話ですからもう15年以上前の20世紀の事だったと思います。

嫌煙家の自分にとっては、あんな瞬発力とか試されるスポーツやってるのに、よくタバコ吸ってられるなと思ってテレビを見ていた記憶が強く残っています。

まぁタバコ自体は個人の嗜好ですし、もう野球選手の喫煙はまあ昔からの文化(というか運動部体質の先輩からお前も吸えよ的な)のようなものなんでしょうから、
文化部出身の自分にとっては縁遠いんで、自分の前で吸ってくれなきゃどうでもいいんですけどね。

逆にこの記事を読んで「禁煙車の移動車がある」、ということに感心してしまったくらいです。


そんな事より、この記事の締めの文章が気になりました。

以下、引用です。
 なお、私は18歳からたばこを吸い始め、40歳でやめた。以来、他人のたばこの臭いや副流煙に対する拒否反応が年々強くなっている。インタビューしている相手が目の前でたばこを吸い始めると、これほどつらいことはない。この苦しさ、スモーカーにはわからないかもしれないが。
(上記リンク記事より引用)


こういう記事を書いているのに「私は18歳からたばこを吸い始め――」って書いてあります。
未成年者喫煙禁止法では未成年本人への罰則とかはほぼないですし(販売者とか親とかの監督者はある)、あったとしても時効だと思って書いてるんでしょうけど。
堂々と20歳になる前から吸っていた事を公表するってどうなんでしょうかね。

いや、このライターが仮に戦前生まれで小さい頃に覚醒剤とか使ってましたとかなら話は別ですけど。
この記事を書いた人はまだ還暦前のスポーツライターです。

ここは、本当は18歳から吸っていてもウソでもいいから「私は20歳からたばこを吸い始め――」と書いて欲しかったところです(笑)

それだけなんですけど、どうしても気になったので。
Posted at 2017.07.06 15:55
Comment: 0
TrackBack: 0
Category: Life

2017年05月22日

Bluetoothヘッドセットを買い直して1ヶ月使ってみた。 プラントロニクス M70

大雪の日にSoundbeats C1を紛失。
Bluetoothヘッドセットを久々に買ってみた。SoundbeatsC1。
しばらくヘッドセットが無くて不便な状況に置かれていました。

どうでもいいけど、某カー用品店でSoundbeats C1ソックリ、というかOEMだろうなって感じの物を見つけたんですが、3,500円くらいしたのでそれは辞めました。


で、今回買ってみたのはコレです。



A2DP(音楽再生)対応で、マルチペアリング対応ということで、前と同じ条件。
価格はSoundbeats C1の倍近くに高くなってますが、楽天ポイントが余ってるので全額ポイントで買いました。

箱がシャレオツ。
20170522_01.jpg

浮いてるかのような雰囲気。ちなみにイヤーピースは転がってる(笑)
20170522_02.jpg

側面には使用可能な時間とか書かれてる。11時間通話可能って結構長い方だと思います。
20170522_03.jpg

開けました。
20170522_04.jpg

側面にはスライド式の電源スイッチと、もう片方には音量ボタン。
20170522_05.jpg
スライド式なので間違ってどこか長押しして切れちゃうとかいう心配は無い。

上部には充電用のmicroUSB端子。20170522_06.jpg

内側には色々書かれてるね。
20170522_07.jpg

そして転がってたイヤーピース。
20170522_08.jpg

付属品はこんな感じ。
20170522_09.jpg
取扱説明書(英/日/韓)、安全にお使いいただくために、保証サービスについて、イヤーフック、USBケーブル。

説明書は日本語でとても丁寧に書かれている。
20170522_10.jpg

なにやらアプリがあるらしい。
20170522_11.jpg

何はともあれ、ペアリングしてみよう。

電源スイッチを上に上げるとスイッチオン。
20170522_12.jpg
ちなみにこの緑の部分はランプではないので暗い場所では光らないので気にならない。

初回電源投入時は、まず言語の選択のメッセージが流れる。
英語・日本語・韓国語が選択可能。もちろん日本語を選択しておけばいい。

ペアリング開始したら、設定のBluetoothを開いてペアリングする。
20170522_13.jpg

iPhoneの場合は特にアプリなどを入れることもなく、通知センターにバッテリー残量が表示される。
20170522_14.jpg

Androidの場合はGoogle Play ストアからPlantronics Hubをダウンロードしてやると、アプリ上で連続通話時間が確認出来る。
20170522_15.jpg

また通知の所でも時間が表示される。
20170522_16.jpg
分単位で出るのはどういう計算を元に出しているのかは謎です(満充電で11時間という計算で逆算してるんだろうけど)。

Android版のPlantronics Hubは、ペアリングの補助とかも出来るので入れておいた方が良いですが、
iOS版のPlantronics Hubは、おそらくOS側の制限でペアリングの補助もできないし、連続通話時間も表示できず、マニュアルを読むことくらいしか出来ないので、入れても入れなくてもいいと思います。

どうでもいいけどこのヘッドセットは、やたらお話をしてくれる。
例えば電源を入れると「電源オン、連続通話時間○○時間、携帯電話1が接続されました、携帯電話2が接続されました」と言ってくれます。
着信すれば「着信中です、テロテロテロテロン♪」、通話開始すれば「着信に応答しましたピピッ!」といった具合。
電池残量が減った時も2種類くらいのパターンで教えてくれる。

それに引き換えインジケータランプはかなり控えめ。
充電中は赤(充電完了で消灯)。
20170522_17.jpg

ボタン操作時は青。
20170522_18.jpg

その他はペアリングで使用中でも特別な操作をしない限りピカピカしないので、暗い部屋で使っていてもピカピカせず目障りじゃないのが個人的にはポイントが高い。

耳に付けるとこんな感じ。
20170522_19.jpg

で、買ってから1ヶ月ほど経過してます。

概ね満足してます。

地味に良かったと思ったことは、付属のUSBケーブルが普通にスマホの通信用にも使えたという所でしょうか(笑)
この手のやつは、基本充電専用で設計されている事が多いのでね。

本体にも満足してますけどね。
音楽再生時に音量+ボタンを長押しで次曲、−ボタン長押しで前曲にできたり。

2台のマルチポイントペアリングが出来て、
例えば1台で音楽を聴いてるときに、もう1台に着信があったときに切り替わって着信できるとか非常に便利です。

ひとつ不満があるとすれば
そのマルチポイントペアリングの事なんですが、音楽(A2DP)は1台しか聞けないんですよね。
それも接続順で1台目にペアリング出来た方(携帯電話1)でしか聞けないんです。

例えば、携帯電話1(iPhone)と携帯電話2(Android)の順で接続していたとします(iPhoneで音楽を聴くので)。
iPhoneから離れすぎたりしてペアリングが解除されてしまうと、「携帯電話2」扱いだったAndroidが勝手に(無言で)「携帯電話1」に昇格する。
iPhoneと再接続に成功すると「携帯電話2が接続されました」となり、iPhoneでは音楽がヘッドセットで再生できません(Androidでは再生できる)。

これを仕切り直すには一旦電源を切り、AndroidのBluetoothを切る。
iPhoneのBluetoothをオンにしてから電源を入れ、「携帯電話1が接続されました」と流れてからAndroidのBluetoothをオンにして「携帯電話2が接続されました」のメッセージを待つ、というなかなかの手間が発生する。

これだけがただただ面倒くさい。

あと、しいて言うなら、インイヤータイプじゃないのでイヤーピースの大きさが自由じゃないので耳が痛くなりやすい。
これはまあ左右付け替えれば良いだけなのでそんなに問題には感じていません。


まぁ、日本語で話してくれるということが一番の満足かもしれません(笑)




Posted at 2017.05.22 13:23
Comment: 0
TrackBack: 0
Category: Mobile

2017年04月27日

バインダークリップ付のジェットストリーム(ボールペン)を買った件

一昨年の10月にも書いた通り、自分は15年使っていた「ゼブラ サラサ3」から「三菱鉛筆 ジェットストリーム3」に乗り換えたのでした。
15年使っていたボールペン「ゼブラSARASAシリーズ」を使うの辞めた他人にはどうでもいい理由。

...が、書き心地やペンの太さには満足してるんですが、一つだけ困ったことがあるんです。
それが、クリップです。

乗り換えてもう3本のジェットストリーム3のクリップが折れています(泣)
20170427_01.jpg

作業着のブルゾンの胸ポケットに差すだけで無理な広げ方もしてないのにポキッと。
20170427_02.jpg

というか、これは普通のボールペンではよくある事。
このクリップが折れたら別のペンにすると思っている人も少なくないはずです(100円ショップで10本入100円みたいなやつを使ってる人も大勢いることでしょう)。

思い返せば、サラサを使っていた頃は洗濯ばさみのようなバインダークリップが標準装備だったので、よほど無理して開いた時や、スチールロッカーが自分に倒れてきた時以外はそこが壊れるという事はありませんでした(ロッカーが倒れてくる状況ってどんな状況だよ、というツッコミは置いといて)。

しかしどんなに文房具屋を回っても、バインダークリップの付いているジェットストリームは見つけられませんでした。

で、全然関係ないところでアスクルのカタログをボーッと見てたら、まさしくコレ!ってやつあったじゃないですか!
ジェットストリーム 3色ボールペン 0.7mm ブルー軸 アスクル限定 三菱鉛筆uni [ASKUL]

で、アスクルにあるって事は、ロハコにもあるだろうと検索かけたら出てきました。
ジェットストリーム 3色ボールペン 0.7mm ブルー軸 アスクル限定 三菱鉛筆uni [LOHACO]

ロハコって今まで使った事無かったんですが、Yahoo!JAPAN IDで普通に買い物が出来るんですね。
まぁYahoo!ショッピングも滅多に使った事無かったもないですけど。

しかし、納期長い(笑)
アスクルなら翌日かもしれないけど、今回は4月17日の夜に注文して届いたのは完全に忘れた頃の4月26日でした。
20170427_03.jpg

メールをちゃんと見返すとたしかに日付指定は4月26日になっていました。
20170427_04.jpg

というわけで、届いたのがコレですね。包装が斬新です。
20170427_05.jpg
たぶんアスクルだと10本で1ロットだから個別で出すとこうなるんでしょう。

袋から出しました。
20170427_06.jpg

おー、たしかにクリップがある。
20170427_07.jpg

サラサ3のバインダークリップと比べると、クリップ自体がゴツいし、横ブレもなくしっかりしてる雰囲気だな。
20170427_08.jpg

自分は使う機会無いけど、クリップの上部に穴があるので、おそらくストラップとか付けて首から下げたりできるんじゃなかろうか(本来の使い方なのかは不明なので何とも言えない)。
20170427_09.jpg

あとは耐久性がどのくらいあるのかというのが問題になってくる。
さっきも書いた通り、サラサのバインダークリップよりは頑丈そうだし、あまり壊れそうには見えないけど、また気付いた点があれば書くと思います。

一番のネックは値段だわな。
20170427_11.jpg
ペン本体が321円に対して、送料350円ですからね(笑)
ペンの値段は相応だけど、送料は封筒だしもう少し安くならないかね。

1,900円以上買えば送料無料になるようだけど、予備を考えてもそんなに沢山ボールペン要らないし。
他に何か欲しいかといえばそうでもないし。

まぁこれが長持ちすれば替芯だけ文具屋で買えばいいのでとりあえずは様子見です。



Posted at 2017.04.27 12:00
Comment: 1
TrackBack: 0
Category: Life

2017年04月23日

Windows7のパスワードを失念した時に無理矢理ログオンする手順を忘れる前にメモしておく。

職業柄中古PCと触れる機会が多く、これらのPCといえば大概ログオンパスワードが設定されていてパスワードが分からずログオン画面から先に進めない、というパターンが多々あります。
20170423_01.png
ありがちな「1234」とか「password」とか「admin」とかテキトーに入れて当たる事は少なく、ただの文鎮というか鉄の箱や板になりかける事があります。

リカバリディスクとか復帰用USBメモリとか作ってあればリカバリして使えるようになるのになあ。
と思うものの、そもそもPCを引き渡す前の「データ消去」とか以前に「初期化して渡す」という頭もおそらく無いので、そういう物もありません。

そしてこのパターンではPCを提供してくれる人もパスワードも忘れてるんですよね。
ここで大事になる「パスワードのヒント」(秘密の質問的なやつ)すら謎のメッセージを登録していて本当に頭おかしいなと思いながらも...。

せめてユーザーログオンパスワードさえ回避できれば、デスクトップまで進んで色々できるのに(リカバリディスクの作成やリカバリユーティリティに進める)...という状況です。

まぁ最近のWindowsではBIOS画面からリカバリメニューに飛べたり、VAIOだったらASSISTボタンがあったりなんかして、そんな強行突破する必要も無くなってきてはいるんですが。

で、どうしてもダメっぽいので、GIGAZINEに載ってるこの方法でやってみました。
Windows 7の起動時に管理者権限を強制的に取得する裏技[GIGAZINE]

これを要約すると、うまいことスタートアップ修復のウィザード中に
エクスプローラの画面を開いた上で、
通常ログオン画面の左下にある「コンピュータの簡単操作(sethc)」と
「コマンドプロンプト(cmd)」のファイル名を入れ替えて、
本来「コンピュータの簡単操作」のウインドウが出てこなければならない所で「コマンドプロンプト」のウインドウを表示させてしまうということです。
で、これは管理者権限で開いてるから、コマンド叩けば色々出来ますって事です。

ただ、この先のやり方(コマンド)が載ってないんですよね。

というわけで、またやる時のために手順メモしておきます。

ここではユーザーアカウントの管理に使う「net user」コマンドを使います。

参考リンク:Windowsのnet userコマンドでユーザーアカウントを管理する[@IT]

上記リンクの「パスワードの変更」の項に従い

C:\Windows\system32>の後ろに
net user 今画面に出ているアカウント名 新しいパスワード

の順で入力します。

新しいパスワードは一時凌ぎなので「admin」とかで良いと思います。
もしアカウント名が「山田」なら
net user 山田 admin
と打ち込みます。(それぞれの間は半角スペース)

「*」を入力して云々という手順も書いてありますが、これはあくまで一時凌ぎなので、そんなことはしなくても良いでしょう。

コマンドは正常に終了しました。」と出ればOK。

あとは、ログオン画面でさっき設定したパスワード「admin」を入力してEnterキーをポチればすんなりログオンできました。


「そもそもこんなPCを受け入れるなよ」という話なんですがね、そこは自分の意思ではないので何とも。

先日もこの方法でログオンできたらデスクトップがエラい事になってるという事がありました。
詳しくは控えさせて頂きますが、一言だけ言わせて貰うと「大切な動画ファイルをデスクトップに沢山置かないでください。(これ某企業で使ってたPCだよな...ぼそぼそ)」




Posted at 2017.04.23 16:22
Comment: 0
TrackBack: 0
Category: Windows

2017年04月19日

特定のプログラムを強制終了させるtaskkillコマンドのショートカットを作る(Windows)

私事ですが、普段「RocketDock」というランチャーアプリケーションを使用しています。
Windows上でMacのDock風な事ができるので、もう何年も重宝してます。

が、スタートアップに登録し起動時に立ち上がるように設定しているのですが、アプリケーション自体は裏では起動しているはずなのに画面上に(見た目上で)表示されないことが「たまに」あります。

こうなると強制終了させてRocketDockを再起動させないといけないわけです。

が、この手のアプリケーションのやっかいな所は、
メインウインドウを持たないので[×]ボタンも無ければ、Alt+F4とかで終了出来るわけでもなく、
さらにはタスクマネージャーの[アプリケーション]タブの項目にも表示されないんです。
20170419_01.png

この場合、どうやって強制終了させるかというと、
[プロセス]タブから、沢山立ち上がってるプロセスの中から「RocketDock.exe」を探し出して[プロセスの終了]を選ぶ感じになります。
20170419_02.png
コマンドプロンプトからtaskkillうんたらとカタカタと終了コマンドを打ち込んでもいいんですが、まあ面倒です。

で、ここで一度、終了用のショートカットを作っておくと便利だったという話です。

手順として、
デスクトップにショートカットを置く場合は、

デスクトップの何も無い所を右クリックして、
[新規作成(X)]→[ショートカット(S)]と進みます。
20170419_03.png

[ショートカットの作成]のウィザードウインドウが表示されます。
20170419_04.png

項目の場所を入力してくださいの欄に次のように入力します。
C:\Windows\System32\taskkill.exe /F /FI "IMAGENAME eq RocketDock.exe"
(注意:コマンドなのでスペースとか細かい所が色々大事です)

taskkillに何個かオプションを与えてます。
ざっくり言うと、
/F」で強制終了の命令を出し、
/FI」で絞り込み
IMAGENAME eq」というのがプロセス名と等しかったらという条件で、
その直後にRocketDock.exeを入れることで、
「RocketDock.exeというプロセス名のものがあったら強制終了させる」というコマンドのできあがりです。

/F」オプションはメインウインドウを持たないアプリケーションでは必須なんじゃなかろうか。
おそらくこのオプション無しでやると普通の終了命令が飛ぶだけなので、一向に終了出来ない可能性も出てくるでしょう。

/FI」オプションの後ろをダブルクォーテーションで囲っているのはスペースが含まれるからです。

正直な所、自分はformat以外のDOSコマンドにあまり詳しくはありませんが、下記のサイトを参考にしながらやりました。
Taskkill DOSコマンド一覧[Programming Field]

で、本題にもどり、[次へ(N)]
20170419_05.png

このショートカットの名前を入力してくださいの欄にはテキトーな名前を付けて[完了]です。
20170419_06.png

これでデスクトップにそれのショートカットが置かれます。
20170419_07.png

あとは強制終了させたいときに、このショートカットを開けば、
さっきのタスクマネージャーでの手順、もしくはコマンドプロンプトに
taskkill /F /FI "IMAGENAME eq RocketDock.exe"
と入力したものと同じ命令が飛び、無事終了することができます。

ちなみに、終了している状態で間違えてこのショートカットを開いてしまっても
「情報:指定された条件のタスクは実行されていません。」というメッセージが一瞬出るだけなので安心してください。

ショートカットなので、アイコンも自由に変えられます。

右クリックして[プロパティ(R)]に進み
20170419_08.png

[アイコンの変更]に進み、
20170419_09.png

おそらく最初だけこれ出るけどスルーして[OK]
20170419_10.png

shell32.dllのアイコンがズラズラっと出るので好きなアイコンを選び(別のアプリケーションとかアイコンを選択してもOK)
20170419_11.png

[適用]もしくは[OK]をクリック。
20170419_12.png

できあがり。
20170419_13.png

と、いった感じです。


注意としては、DOSコマンドを間違えて扱うと大抵エラいことになるので、慎重に自己責任でやりましょう。

基本的にはプロセス名の「RocketDock.exe」の部分を対象のアプリケーションにすれば、それを強制終了出来るショートカットが出来上がります。
InternetExplorerとか、よくフリーズするアプリケーションでショートカットを作っておけばフリーズで待たされるというという事は減るでしょう。


ちなみにMacで同じようなものを作成する場合はAutomatorで簡単に作れます。
SnowLeopard時代に色々あって作ったものもありました。
便利なので今更公開してみるDockを再起動させるアプリ。


どうでもいいけど、前回の更新から丸1ヶ月空いてる。何のためにノートPC買ったのか(笑)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Windows DOS/コマンドプロンプト辞典 [ 飯島弘文 ]
価格:2138円(税込、送料無料) (2017/4/19時点)



Posted at 2017.04.19 14:50
Comment: 0
TrackBack: 0
Category: Windows