2012年02月15日

誰もが一度は経験する、楽天で注文直後に「メルマガのチェック外すの忘れた」

そうです、急いで買い物をしているとあのチェックを外すのを忘れるんですよ。
これこれ。
20120215_01.png

でも大体その時気付かなくて、数日後に「あれ、こんなメルマガ頼んでいたっけ?」です。
そしてまたしばらく経つとどんどん増えていく【楽天】と書かれたメルマガ達。
知らないうちにApple Mailでもあまりの多さに迷惑メールフォルダに移動してくれるようになったりします(笑)
まぁ慣れてくると、「何も購入してないはず」→「何かキャンペーン応募したっけ?」という発想になったりしますが(苦笑)

今でこそmyRakutenから簡単に解除できるようなりましたが、それでも面倒なものは面倒です。
その作業を極力減らすためにFirefoxを使っている方ならこの作業をしておくだけでショップでの注文時に全てのチェックが外せるアドオンがあります。

まずはGreasemonkeyをインストール。
指定した(もしくは指定しない)URL上で、指定したJavascriptを実行するアドオンです。

Greasemonkey[Add-ons for Firefox]
20120215_02.png

緑の[Add to Firefox]をポチるとインストールが始まります。

このダイアログが出たら[今すぐインストール]をクリック。
20120215_03.png
しばらく待つとFirefoxの再起動が促されるので抵抗せずに[今すぐ再起動]。

これだけでは何も動かないので以下のリンクを開く。
RAKUTEN Default No Check[Wescript]
20120215_04.png

緑の[Install]をポチる。これがスクリプト。

と、こんなダイアログが出るはずなので[インストール]
20120215_05.png

作業はこれだけ。
RAKUTEN Default No Checkには、https://*.rakuten.co.jp/rms/mall/*(楽天ショップの注文画面)上で、ラベルrmail_check(ショップからのメルマガ)、shop_rating_check(ショップを評価する)、newscheck_[N++](楽天からのメルマガ)のチェックを外す、というものがとてもシンプルに仕込まれています。

1年程前にこのアドオンを入れてからは身に覚えのない楽天メルマガは滅多に来なくなりました。それでも知らず知らず来るのは楽天カード(何だか知らないけど解除しても来る)と、楽天ブログ(メルマガ必須)ですが(笑)

ちなみに同じ楽天系サービスでも、楽天トラベルなんかだと予約画面では違うURLにもなるし、チェック項目のラベルも違っているので中身を書き換えないとだめな感じです。少し書き換えれば簡単に出来そうですから個人的にやってみます。
まぁでも楽天トラベルの場合は予約ボタンの真上にチェックボックスがあるので忘れるという事は滅多にないですがね。手間が省けるという点では良いんじゃなかろうかと。

…なんて書きながらググっていたら既に対応してるスクリプトあるじゃないですか!しかももの凄く前から。寧ろRAKUTEN Default No Checkの方がマイナーな感じじゃないですか(苦笑)

それがDeny Rakuten Newsというもの。
Greasemonkey 用スクリプト - Deny Rakuten News
上記リンクからDenyRakutenNews.user.jsと書かれたリンクをポチると、先ほどと同じようにインストール出来ます。


…便利(笑) あー、でも個別で書き換えた方が自分には合ってそうだから書き直してみよう。


しかしコレに慣れると、たまに他のブラウザでやったときによく忘れるんだよな。iPhoneアプリの楽天市場とか、入れてないFirefoxとか(笑)

Posted at 2012.02.15 17:00
Comment: 0
TrackBack: 0
Category: Firefox
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

コメントについてのご案内
記事によっては、個人的な推測、妄想の他、こうなったら良いんじゃないかという現実的ではない発言などが数多く含まれて書かれている場合がございます。その辺は拙い文章ですが文脈から読み取って頂きますよう宜しくお願い致します。また、あくまで個人ブログですので内容の正確性は保証できませんのでご了承下さい。
くわえて、自分の方が知識があるような自慢をした上に「そんな事も知らないのか」「情弱」などの発言はご遠慮下さい。(記事の趣旨から著しく逸れているので書いてないだけの場合もありますし、第三者からしたら感じ悪いです。)間違えている事については普通に教えて下さると助かります。(あまり古い記事だと現在と内容が大きく変わっている場合もあるのでスルーで構いません)
内容によってはスルーまたは削除する場合がございますのでご了承下さい。
質問に関しては答えられる知識の範囲でお答え致します。

以上をご確認の上、コメントをお願い致します。

この記事へのトラックバック